メンタルヘルス科/デイケア

メンタルヘルス科/デイケア

診療内容・特色

当科では、統合失調症、気分障害(うつ病、躁うつ病など)、神経症性障害(パニック障害など)、認知症などの精神科領域の疾患に対応します。特定機能病院として高度な医療を提供するのみならず、板橋区・北区・豊島区などを中心とする地域の精神科医療にも貢献できるよう努めています。入院診療は精神科領域全般(場合により心療内科領域も含む)を対象として積極的に受け入れを行っています。

帝京大学医学部 精神神経科のホームページへ

当科の精神科医療の特色:

  1. ① 入院診療
    医師、看護師を中心とする多職種チームによる支援を組み合わせた治療を実践します。
  2. ② コンサルテーション・リエゾン精神科診療
    身体面の治療で入院中の患者さんに精神科的な診療が必要となった際、他の診療科と連携しながら診療を行います。
  3. ③ 修正型電気けいれん療法の実施
    うつ病などの精神科疾患で、薬物治療では十分な効果が得られない場合、副作用が原因で十分に薬物療法を行えない場合などに入院診療の中で実施します。
  4. ④ 大規模デイケア
    患者さんがスムーズに地域生活が送れるようになるプログラムを行います。
  5. ⑤ 地域医療
    板橋区・北区・豊島区などを中心とする地域への医療サービスとして、精神科病院やクリニック、社会復帰施設などと連携しながら、入院受け入れ、心理社会的問題への対応や地域生活のサポート、社会復帰に向けての支援を行っています。デイケアでは、認知機能リハビリテーション、就労支援が行われています。

外来診療担当表

当科では、主に統合失調症を待つ人が精神科外来で主治医に聞きたいことをきき、より良いコミュニケーションをするための「質問促進パンフレット」の活用をお勧めしております。下記より印刷していただき、診察の前に、落ち着いた気持ちの時に、診察で訪ねたい質問にチェックを入れてください。このリストを診察に持参して、活用してみてください。

質問促進パンフレット

ダウンロードできない方は、主治医または、メンタルヘルス科受付にお尋ねください。


入院診療について

病床数:開放病棟47床(保護室2室・個室5室含)
  4床室・6床室:室料差額なし
  (個室差額:20,520円)
主な治療内容:急性期治療 統合失調症・気分障害の薬物療法
             修正型電気けいれん療法
       各種検査入院 うつ状態の鑑別
              認知症の診断確定
       神経症・PTSD・パーソナリティ障害・摂食障害の診断と治療
       統合失調症のリカバリー支援
       うつ病の休息入院
       多床室で対応可能な身体合併症の治療

<患者さんへ>
入院診療をご希望の場合は、現在おかかりの主治医とご相談の上、当科外来(03-3964-1211(代)内線:30351)までご連絡下さい。

<医療機関の先生方へ>
入院診療が必要な場合、当科外来(03-3964-1211(代)内線:30351)までご連絡下さい。担当医が患者様のお名前・年齢・性別・病状・連絡先などを伺います。当科より患者様にご連絡し、入院日・持ち物などをお伝えします。
当科で治療をお引き受けできるかどうかの判断が困難な場合、一度外来を受診して頂く場合がございます。

*詳細については「入院のご案内」(PDF形式:332KB)もご覧ください。


デイケアの内容

デイケアルーム

デイケアでは、メンタルヘルス科外来に通院する方に対するリハビリテーションを行っています。 ご病気の影響で、生活リズム・人づきあい・勉強・仕事などがうまくいかなくなった方々が、自分の希望する社会生活を取り戻すことが目標です。そのためには、社会生活に必要な能力の回復、自信の回復、病気とのつきあい方を自分なりに見出すことが大切です。 医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士・臨床心理士による多職種チームが、個別担当制によるきめ細かな対応、料理・スポーツなどのグループ活動の活用、SSTや心理教育など病気への理解を深めストレスとのつきあい方や人づきあいを練習するプログラムを行い、社会生活を積極的に支援します。


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
林 直樹科長
主任教授
精神病理
精神療法
精神科一般(特にパーソナリティ障害、気分障害、統合失調症)
栃木 衛教授精神科一般(統合失調症、うつ病、躁うつ病、パニック障害、広場恐怖症、社交不安障害、認知症など)
がん患者のメンタルヘルス
職場のメンタルヘルス
精神科遺伝学
伊東 ゆたか病院教授子ども・思春期のメンタルヘルス
精神科一般
赤羽 晃寿病院准教授リエゾン精神医学
精神科一般(うつ病、認知症、統合失調症)
渡邊 由香子講師精神科一般(統合失調症、うつ病、認知症)
金井 理恵助教精神科一般
松村 謙一助教リエゾン精神医学
精神科一般
金田 渉助教精神科一般
思春期精神医学
押久保 岳助手精神科一般
渡邊 公聡助手精神科一般
三宅 浩司助手精神科一般
池淵 恵美客員教授精神科一般(統合失調症、うつ病、認知症)
鈴木 幹夫客員教授精神科一般
森岡 久雄シニアレジデント精神科一般
江村 康シニアレジデント精神科一般
狩野 悦生シニアレジデント精神科一般
汐月 治実非常勤医師精神科一般
矢倉 朱緒非常勤医師精神科一般
井川 春樹非常勤医師精神科一般
佐藤 研一非常勤医師精神科一般

専門診療

物忘れ検査入院

3泊4日程度の日程で、MRI検査、脳血流シンチ(SPECT検査)、脳波検査のほか、多職種による記憶や日常生活の評価、ご家族の介護負担の程度、一般的な身体面の検査を行います。 地域連携を前提とした認知症の早期発見・早期診断を目指していますので、もの忘れの症状が気になる方はお気軽にご相談下さい。治りにくいうつ病でお困りの高齢者の方にも、 一度検査を受けて認知症の可能性を疑ってみることをおすすめしています。

  1. ● ご希望の方は「物忘れ検査入院希望」とメンタルヘルス科外来にお申し出下さい。
  2. ● ご家族とご一緒に外来受診でき、大部屋で過ごせる方を対象としています。
  3. ● 現在かかりつけ医療機関がある場合は、紹介状をお持ち下さい。
  4. ● 当院は早期発見・早期診断を主な役割としていますので、原則として診療継続は行っていません。退院後は、適切なかかりつけ医療機関を紹介させて頂きます。
  5. ● ご希望の方には、外来通院での検査実施も承っています。

児童・思春期メンタルヘルス外来

家庭・学校での不適応行動、ご本人や保護者の方が心配されているメンタルヘルス上の問題について、児童精神科医がご相談に応じます。特にいじめ等の外傷体験や発達の偏り等の背景がある場合、環境調整等も含め対策を検討いたします。お子さまの安定化には保護者の力が大きいため、それを最大限引き出すことができるよう一緒に考えます。


外来受付

  • TEL:03-3964-1211 (代)
  •  
  • 内線:30351(メンタルヘルス科外来)
  • フロアマップ

初診・再診とも予約制のため、受診・予約の変更をご希望の場合は上記までご連絡ください。なお、初診の場合は入院のご希望の有無をお伝えください。入院をご希望の場合は専用の予約枠にて速やかに検討させていただきます。

電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30


精神療法・カウンセリングについて

外来診療では、必要に応じて臨床心理士による精神療法・カウンセリングが行われています。また、予約状況によっては他の適切な施設へのご紹介を行っています。