緩和ケア内科

緩和ケア内科

診療内容・特色

他院・当院で外来がん治療中の方、地域医療機関にかかりつけの方、ご遺族の方を対象に、(1)身体的な不快な症状(疼痛・嘔吐・呼吸困難感・浮腫など)、(2)精神・心理的な問題(不安・不眠・抑うつ・せん妄など)、(3)療養の場の選択支援(在宅、ホスピス・緩和ケア病棟、介護施設など)、(4)社会制度利用のサポート(医療保険、介護保険・福祉制度など)、(5)ご家族のサポート、(6)ご遺族のケアなどを提供しています。
がん診断の早期からQOLを維持していくことは、がん治療によい影響を及ぼし、生存期間を延長する効果も示され、近年、注目されています。がん治療の院内外のスタッフと連携し、緩和ケアや精神科医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどの多職種緩和ケアチームで行っています。緩和ケア内科はそのチームをリードしていく診療科です。
患者さんが入院した時には、病名に関わらず、つらい症状がどの程度か病棟看護師が病状スクリーニングシートを用いてお伺いしておりますが、毎週木曜日には、18階から5階までの病棟を対象に、がん患者さんのケアについて病棟ヒアリングを実施し、そうした病棟スタッフのサポートを行うことで、当院にご入院なさった患者さん方の苦痛が最小限となるようチームを形成し取り組んでいます。
また、がん治療や病期に関わらず、外来をいつでも受診していただけます。病床を持っていない関係で、入院加療はお受けしておりません。ご相談内容によっては、院内の治療主科との連携や専門職種への紹介、地域の医療機関や行政(福祉課等)との協働も行っています。

外来診療担当表


ムービー


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
有賀 悦子科長
教授
緩和医療学
腫瘍免疫学
大澤 岳史講師緩和医療学
消化器外科
高木 雄亮助教緩和医療学
がん薬物療法
    久保 佳子医師緩和医療学
      松原 貴子医師緩和医療学・麻酔科学

        専門外来

        症状緩和・がん患者支援外来

        がんに伴う身体的な不快な症状(疼痛、嘔吐、呼吸困難感など)や心理的な問題(不安、不眠、考えがまとまらないなど)、ご家族の不安などに対し、がんと診断された早期からサポートすることを目的とした緩和ケア内科の外来を開設しています。
        疼痛などの体の症状がない方でも、病名がわかった時や再発が心配な時の心のサポートやリンパ浮腫のケア指導も行っています。
        また、ご家族の方、ご遺族の方の支援も行っています。


        外来受付

        再診予約・変更電話
        TEL:03-3964-4164 受付時間(月~金)13:00~17:00
        医療連携室(予約専用)
        初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
        TEL:03-3964-1498
        電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30

        外部サイト

        緩和医療学講座へ