帝京大学医学部附属病院

da Vinci Xi Surgical Systemによるロボット支援胃切除手術をはじめました。

当院には最新の手術支援ロボットDa Vinci Xi(ダビンチ Xi)が導入されています。ロボット支援手術とは通常の腹腔鏡下手術を手術支援ロボット(ダビンチ)で行うものです。未だ研究段階ではありますが、ロボット支援胃切除術は術後合併症の発生を低下させると報告されており、330例の先進医療も終了しました。今後、保険採用となる可能性があり、行われる施設が増えていくと思います。

詳細は帝京大学医学部上部消化管外科のページをご参照ください。