神経内科

神経内科・神経筋電気診断センター

診療内容・特色

神経系とは、本来動物が動物たる所以とも言えるもので、人間にとってとても大事な器官系です。それはヒトの意識の座が脳にあることからも明らかです。 神経内科とは、そのような神経系に起こる出来事すべて、すなわち、脳〜脊髄〜末梢神経〜筋の器質的(=精神的なものではない)疾患すべてを診療する科です(ただしクモ膜下出血や脳腫瘍など外科的治療が主となる疾患は脳神経外科が扱います)。 従って、神経内科が対象とする症状は、頭痛、めまい、四肢の脱力・筋力低下、しびれ・感覚鈍麻、歩行障害、構音・嚥下障害、複視、意識障害・意識消失発作、物忘れ、失語など多岐にわたります。 疾患としても、脳梗塞、認知症、てんかんなど多くのcommon diseaseが対象に含まれます。
神経内科の大きな特徴は、病歴(患者さんから聞いた症状の経過と内容)と神経診察(ハンマーで叩いたり、力を調べたりの診察)という古典的技能が、今日でも最も威力を発揮する分野だということです。 MRIなどの画像だけ撮れば診断ができるわけでは決してなく、病歴や診察をおろそかにしてMRIだけに頼ると、容易に誤診してしまいます。 この病歴と神経診察による評価が正しくできるのが神経専門医です。帝京大学神経内科では、特にそのような病歴と診察による評価を大事にしています。
当科は神経疾患すべてを診療対象としていますが、特に頭痛、めまい、意識消失発作、しびれ・筋力低下などのプライマリケア症候の診療に、ERとも協力しながら力をいれています。 これらの症候の患者さんについてはどうぞお気軽にご紹介下さい。また、特定機能病院としての高度外来・入院機能を維持するために、診療方針の決まった患者さんについては積極的に地域に逆紹介しています。


「神経筋電気診断センター」について

針筋電図、神経伝導検査、体性感覚誘発電位(SEP)などの電気生理学的検査法を駆使して、脊髄・末梢神経・筋疾患を診断する分野を、神経筋電気診断学と言います。 当科は以前よりこの分野のexpertとして、全国からの紹介を受けていましたが、2014年からこの診療活動を「神経筋電気診断センター」の名称で公示しました。 中央検査部とも協力し、日本臨床神経生理学会専門医・専門技術師総計17名を中心に診療にあたっています。当センターは他医療機関からの紹介のみを受けております。 当センターへの紹介については、神経内科外来にお問い合わせ下さい。
(センター長:園生雅弘、スタッフ:畑中裕己、北國圭一、河村保臣、宮地洋輔、千葉隆司、神谷久雄、神林隆道、古川裕一、塚本浩、大石知瑞子、村嶋英治、川上真吾、溝井令一、此枝史恵、 上田優樹、高橋和沙、東原真奈**、黒野裕子**、大平雅之**、星野哲**;**中央検査部)


外来診療担当表


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
園生 雅弘科長
主任教授
神経筋電気診断センター長
臨床神経学
神経筋電気診断学
(臨床神経生理学)
脊髄・末梢神経・筋疾患
筋電図検査:約14,000例
松村 喜一郎教授神経内科学
頭痛
パーキンソン病
末梢神経疾患
筋疾患
斉藤 史明准教授臨床神経学
認知症
変性疾患
神経筋疾患分子病態学
磯尾 紀子生理学講座
講師
生理学
臨床神経学
認知症
畑中 裕己講師神経内科全般
臨床神経生理学
脳卒中
北國 圭一助教臨床神経学
神経筋電気診断学
(臨床神経生理学)
脳卒中
河村 保臣助教臨床神経学
宮地 洋輔臨床助手臨床神経学
神経筋電気診断学
(臨床神経生理学)
脳卒中、頭痛
千葉 隆司臨床助手臨床神経学
神谷 久雄臨床助手臨床神経学
神林 隆道臨床助手臨床神経学
櫻井 正樹生理学講座
客員教授
生理学
臨床神経学
塚本 浩医療技術学部
准教授
臨床神経学
神経筋電気診断学
(臨床神経生理学)
脳卒中
松倉 清司シニアレジデント臨床神経学
山本 淳平シニアレジデント臨床神経学
内田 雄大シニアレジデント臨床神経学
本田 絢子シニアレジデント臨床神経学
    菊池 昂太シニアレジデント臨床神経学
      古川 裕一医師臨床神経学
      新井 謙医師臨床神経学
      桑原 碧医師臨床神経学
      新井 祐子医師臨床神経学
      村嶋 英治医師臨床神経学
      内野 勝行医師臨床神経学
      大石 知瑞子医師臨床神経学
      神経筋電気診断学
      (臨床神経生理学)
        川上 真吾医師臨床神経学
        神経筋電気診断学
        (臨床神経生理学)
          溝井 令一医師臨床神経学
          神経筋電気診断学
          (臨床神経生理学)
            此枝 史恵医師臨床神経学
            神経筋電気診断学
            (診療神経生理学)
              上田 優樹医師臨床神経学
                高橋 和沙医師臨床神経学
                  真先 敏弘非常勤講師臨床神経学
                  永井 知代子非常勤講師臨床神経学
                  神経心理学
                  高次機能障害
                    武田 克彦非常勤講師臨床神経学
                    神経心理学
                    高次機能障害
                      村山 繁雄非常勤講師臨床神経学
                      神経病理学

                        専門外来

                        この他、認知症に対する物忘れ外来と頭痛外来を、通常の外来と同じ時間帯で診療しています。

                        物忘れ外来

                        高齢化社会の到来とともに認知症は急速な勢いで増加しています。認知症の中には適切に治療すれば治る病気も含まれており、またアルツハイマー病では近年治療薬が開発されています。MRI他の検査によって早期に認知症を発見して、適切な治療を行います。

                        外来診療担当表

                        頭痛外来

                        片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛といった機能性頭痛を始め、あらゆる頭痛を対象に診療します。


                        外来受付

                        再診予約・変更電話
                        TEL:03-3964-8528 受付時間(月~金)13:00~17:00
                        医療連携室(予約専用)
                        初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
                        TEL:03-3964-1498
                        電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30