外科

肝胆膵

診療内容・特色

肝胆膵外科は、難治がんの代表といわれる肝臓、胆道(胆管、胆嚢、乳頭部)、膵臓のがん治療を中心に治療をしています。肝臓にがんができれば直接命にかかわること、胆道のがんでは黄疸になり小さながんでも命とりになること、またおなかの深いところにある膵臓のがんは見つけにくく、早期に見つけても血液やリンパの流れにのって転移をおこしやすいなど難敵です。
われわれは化学療法や放射線治療をつかって進行がんを安全に確実に切除をする工夫をした手術や、キズが小さく痛みが少ない腹腔鏡下手術を行います。その他、重粒子線・陽子線や新しい薬の開発などの研究も多くの病院と協力して積極的に行っています。個々の患者さんに最適で最善ながん治療を提供いたします。
皆さんお気軽に何でもご相談ください。

対象となる主な疾患

  • 肝臓の病気では、肝細胞がん、肝内胆管がん(胆管細胞がん)、転移性肝腫瘍、肝内結石症、嚢胞性疾患など
  • 膵臓の病気では、膵がん、膵管内腫瘍(IPMN、MCN)、膵内分泌腫瘍(インスリノーマ、ガストリノーマ等)、膵石症など
  • 胆道の病気では、胆肝がん、胆嚢がん、十二指腸乳頭部がん、胆石症、胆嚢胆管炎、先天性胆管拡張症など

外来診療担当表


ムービー


スタッフ

医師名近影職位専門分野詳細情報
佐野 圭二教授肝胆膵外科
三澤 健之教授肝・胆・膵の外科全般
身体に優しい、内視鏡(腹腔鏡)手術
膵・胆管がん手術
脾臓の手術
和田 慶太准教授肝胆膵外科
澁谷 誠助手肝胆膵外科
津嘉山 博行助手一般外科治療
肝胆膵良悪性疾患治療
峯﨑 俊亮臨床助手外科一般
豊田 啓恵シニアレジデント肝胆膵外科
    根本 憲太郎シニアレジデント肝胆膵外科
      肥沼 隆司シニアレジデント一般外科治療
      肝胆膵良悪性疾患治療
        近藤 里江シニアレジデント肝胆膵外科手術
          髙橋 秀樹シニアレジデント肝胆膵外科手術
            渡邉 理シニアレジデント肝胆膵外科手術
              前野 佐和子医師肝胆膵外科
                豊田 真之非常勤講師肝胆膵外科
                  吉田 雅博非常勤講師肝胆膵外科
                    伊藤 博道非常勤講師肝胆膵外科
                      池田 豊非常勤医師一般外科治療
                      肝胆膵良悪性疾患治療

                      外来受付

                      再診予約・変更電話
                      TEL:03-3964-8657 受付時間(月~金)13:00~17:00
                      医療連携室(予約専用)
                      初診で紹介状をお持ちの方は、医療連携室にて予約をお取り致します。
                      TEL:03-3964-1498
                      電話予約時間(平日)8:30~17:00 (土曜日)8:30~12:30

                      帝京大学医学部附属病院 肝胆膵外科ページへ