病院のご案内

平成30年度 帝京大学医学部附属病院指標

当院の指標は、厚生労働省発出の「令和元年度病院情報の公表の集計条件等について」に従い算出したものとなります。
平成30年度に当院を退院した患者さんのうち、医療保険にて入院した患者さん(全患者さんの約96%) を対象としています。
医療保険以外(自由診療、労災保険等)での入院患者さんにつきましては、対象となっておりません。また、入院後24時間以内の死亡の患者さん、または生後1週間以内の死亡の新生児も対象となっておりません。

なお、このホームページは厚生労働省の「医療法における病院等の広告規制について」の「医療機関ホームページガイドライン」を遵守しています。

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 1、年齢階級別退院患者数
  2. 2、診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 3、初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 4、成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 5、脳梗塞の患者数等
  6. 6、診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. 7、その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

TSVファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,164 570 926 1,159 1,782 2,350 3,588 5,066 3,238 455

70~79歳が24.96%で一番多く、60~69歳が17.68%、80~89歳が15.95%、50~59歳が11.58%と続きます。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

TSVファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 366 3.22 2.67 0.00% 66.49
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 233 4.16 4.47 0.86% 70.29
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 206 11.21 10.01 1.46% 72.10
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 175 4.51 3.44 1.14% 71.81
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 167 3.51 3.01 0.60% 67.55

1位は、結腸や直腸などの良性腫瘍で内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を受けた患者さんです。
2位は、狭心症、慢性虚血性心疾患で、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈粥腫切除術、経皮的冠動脈ステント留置術等の手術を受けた患者さんです。
3位は、肺や気管、気管支の悪性腫瘍および呼吸器系の上皮内癌等の疾患で、化学療法を受けた患者さんです。
4位は、肺や気管、気管支の肺の悪性腫瘍および呼吸器系の上皮内癌等の疾患で、経皮的針生検、経気管支針生検、気管支ファイバースコピーなどの検査を受けた患者さんです。
5位は、狭心症、慢性虚血性心疾患で、心臓カテーテル法による諸検査を受けた患者さんです。

内科紹介はこちらをご覧ください。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 99 8.15 6.17 0.00% 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 43 5.02 6.62 0.00% 2.16
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 42 12.14 7.28 0.00% 4.26
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 5.79 5.72 0.00% 2.44
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 32 1.06 2.15 0.00% 3.94

1位は、妊娠期間短縮や、低出産体重(出生時体重は2500g以上)で出生した患者さんです。
2位は、喘息および喘息発作重積状態で入院した子供の患者さんです。
3位は、てんかんおよびてんかん重積状態で入院した子供の患者さんです。
4位は、1歳以上15歳未満で市中肺炎(病院外で日常生活をしていた人に発症する肺胞(はいほう:空気がたまるところ)の急性炎症)の患者さんです。
5位は、有害食物反応によるアナフィラキシーショック、その他の有害食物反応で、小児食物アレルギー負荷検査を受けた患者さんです。

小児科紹介はこちらをご覧ください。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 126 11.51 11.87 0.79% 69.65
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 97 6.37 6.24 0.00% 55.21
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 88 18.28 15.31 3.41% 69.47
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 76 3.68 4.41 0.00% 66.24
060040xx99x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 6.20 8.82 0.00% 66.65

1位は、肺や気管、気管支の悪性腫瘍および呼吸器系の上皮内癌等の疾患で、手術を受けた患者さんです。
2位は、乳房の悪性腫瘍、上皮内癌で、乳腺悪性腫瘍手術乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)を受けた患者さんです。
3位は、結腸の悪性腫瘍や大腸および直腸の続発性悪性腫瘍等で、結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)などを受けた患者さんです。
4位は、結腸の悪性腫瘍や大腸および直腸の続発性悪性腫瘍等で、ベバシズマブおよびアフリベルセプト ベータで化学療法を行った患者さんです。
5位は、直腸、直腸S状結腸移行部の悪性腫瘍、肛門および肛門管の悪性腫瘍等の患者さんです。

外科紹介はこちらをご覧ください。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 106 29.92 26.31 56.60% 73.51
070470xx99x5xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等25あり 98 2.01 2.73 0.00% 59.06
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 70 36.14 24.27 4.29% 73.41
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 65 13.69 14.27 1.54% 26.72
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 59 28.15 22.27 5.08% 66.03

1位は、大腿骨の骨折や股関節脱臼などで、骨折観血的手術、関節脱臼観血的整復術などを受けた患者さんです。
2位は、関節リウマチなどで、インフリキシマブを使用した薬物療法を受けた患者さんです。
3位は、膝関節症で、人工関節置換術や人工関節再置換術を受けた患者さんです。
4位は、スポーツ障害等を含む肘や膝の外傷で、関節鏡下半月板縫合術や、靭帯断裂縫合術、関節形成手術などを受けた患者さんです。
5位は、股関節骨頭壊死や変形性を含む股関節症で、人工骨頭挿入術、人工関節置換術、人工関節再置換術を受けた患者さんです。

整形外科紹介はこちらをご覧ください。

形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 64 3.50 3.15 0.00% 65.53
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 46 5.85 5.37 0.00% 28.30
090010xx04xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 33 8.88 8.23 0.00% 50.27
060565xxxxx0xx 顎変形症 手術・処置等2なし 10 7.50 8.88 0.00% 27.70
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 副傷病なし - - - - -

1位は、眼瞼下垂で眼瞼下垂症手術を受けた患者さんです。
2位は、口腔、咽頭損傷を含む顔面損傷で、眼窩骨折整復術や鼻骨骨折観血的手術、頬骨骨折観血的整復術などを受けた患者さんです。
3位は、乳房の悪性腫瘍で、組織拡張器による乳房再建術や、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術を受けた患者さんです。
4位は、額変形症で治療を受けた患者さんです。
5位は、脊椎脊髄を除く骨軟部良性腫瘍で、骨腫瘍切除術や、関節滑膜切除術等を受けた患者さんです。
症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。

形成外科紹介はこちらをご覧ください。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 73 2.86 3.03 0.00% 66.08
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 8.87 7.36 19.35% 55.42
100260xx9700xx 下垂体機能亢進症 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 29 13.14 17.16 3.45% 52.03
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 22.64 21.17 14.29% 59.79
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 18.71 18.72 60.71% 64.82

1位は、未破裂動脈瘤で動脈造影カテーテル法を受けた患者さんです。
2位は、頭蓋・頭蓋内損傷で治療を受けた患者さんです。
3位は、下垂体機能亢進症で頭蓋内腫瘍摘出術、経鼻的下垂体腫瘍摘出術などの手術や、下垂体前葉負荷試験などの治療を受けた患者さんです。
4位は、脳腫瘍などで頭蓋骨腫瘍摘出術や頭蓋内腫瘍摘出術等を受けた患者さんです。
5位は、非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)で治療を受けた、JCS(意識障害の分類)が10未満の患者さんです。

脳神経外科紹介はこちらをご覧ください。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 32 17.38 12.01 25.00% 81.81
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 30 16.53 28.38 90.00% 68.00
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 23 35.35 24.00 69.57% 73.22
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 19 19.26 22.92 89.47% 69.84
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 18 28.22 21.62 72.22% 67.33

1位は、非破裂性大動脈瘤や腸骨動脈瘤などで、ステントグラフト内挿術を受けた患者さんです。
2位は、解離性大動脈瘤で、大動脈瘤切除術やオープン型ステントグラフト内挿術などを受けた患者さんです。
3位は、弁膜症(連合弁膜症を含む)で弁形成術や弁置換術、胸腔鏡下弁形成術およびロス手術等を受け、中心上脈注射又は人工呼吸といった治療も受けた患者さんです。
4位は、狭心症、慢性虚血性疾患で冠動脈形成術、冠動脈や大動脈のバイパス手術、心室瘤切除術などを受け、中心静脈注射又は人工呼吸を受けた患者さんです。
5位は、弁膜症(連合弁膜症を含む)で弁形成術や弁置換術、胸腔鏡下弁形成術およびロス手術等を受けた患者さんです。

心臓血管外科紹介はこちらをご覧ください。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 45 3.11 2.82 0.00% 3.22
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 13 3.08 3.14 0.00% 3.54
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 10 3.40 8.27 0.00% 2.40
11022xxx04xxxx 男性生殖器疾患 包茎手術 - - - - -
11013xxx97xxxx 下部尿路疾患 その他の手術あり - - - - -

1位は、鼠径ヘルニアで鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を受けた15歳未満の患者さんです。
2位は、停留精巣やその他の精巣および陰のう先天奇形で、陰茎形成術や停留精巣固定術等を受けた患者さんです。
3位は、閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニアで、ヘルニア手術(臍ヘルニア、白線ヘルニア、内ヘルニア等)や腹腔鏡下ヘルニア手術を受けた患者さんです。
4位は、陰嚢・包皮の疾患等で、包茎手術を受けた患者さんです。
5位は、下部尿路疾患で経尿道的尿管凝結除去術や尿道結石、異物摘出術等を受けた患者さんです。
症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。

小児外科紹介はこちらをご覧ください。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 83 8.45 4.86 0.00% 62.25
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 82 10.66 9.64 0.00% 34.66
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 79 10.01 9.87 0.00% 45.33
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 75 23.44 19.69 6.67% 32.68
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 62 11.16 9.70 0.00% 35.85

1位は、子宮頸部や子宮体部の悪性腫瘍等で、化学療法を受け放射線療法は行っていない患者さんです。
2位は、分娩の異常で帝王切開や子宮破裂手術、妊娠子宮摘出術等を受けた患者さんです。
3位は、子宮の良性腫瘍等で、子宮筋腫摘出(核出)術(腹式、膣式)や子宮全摘術等を受けた患者さんです。
4位は、多胎妊娠、切迫早産および早産等で治療を受けた患者さんです。
5位は、羊水過多、胎盤奇形などの胎児および胎児附属物の異常で、子宮全摘術、帝王切開術を受けた患者さんです。

産婦人科紹介はこちらをご覧ください。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 561 3.39 2.84 0.18% 72.27
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 445 4.05 3.22 0.00% 34.43
020200xx99x2xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等22あり 266 3.01 2.48 0.00% 73.59
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 191 7.55 9.75 0.00% 54.61
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 119 7.71 5.40 0.00% 75.45

1位は、白内障や水晶体の疾患で、片眼に水晶体再建術や後発白内障手術等の治療を受けた患者さんです。
2位は、外傷性・癒着性を除く斜視で、斜視手術等を受けた患者さんです。
3位は、黄斑、後極変性等でアフリベルセフト、ラニビズマブによる治療を受けた患者さんです。
4位は、網膜剥離で片眼に網膜復位術や増殖性硝子体網膜症手術などの治療を受けた患者さんです。
5位は、白内障や水晶体の疾患で、両眼に水晶体再建術や後発白内障手術等の治療を受けた患者さんです。

眼科紹介はこちらをご覧ください。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 79 6.34 5.43 0.00% 38.72
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 54 9.11 7.90 1.85% 22.43
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 52 7.48 7.27 0.00% 40.87
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 51 13.29 8.30 0.00% 37.47
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 37 6.78 7.05 0.00% 52.49

1位は、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎などで治療をうけた患者さんです。
2位は、扁桃、アデノイドの慢性疾患で治療を受けた患者さんです。
3位は、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎などで、扁桃周囲膿瘍切開術や咽後膿瘍切開術などの治療を受けた患者さんです。
4位は、慢性化膿性中耳炎や中耳真珠腫等で鼓室形成術を受けた患者さんです。
5位は、慢性副鼻腔炎で治療を受けた患者さんです。

耳鼻咽喉科紹介はこちらをご覧ください。

脳神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等24あり 副傷病なし 35 19.26 16.17 8.57% 56.23
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 32 23.34 16.19 40.63% 71.25
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 21.61 16.16 34.78% 72.09
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 17.82 14.50 0.00% 39.00
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 15 8.87 6.24 0.00% 67.67

1位は、免疫介在性・炎症性のニューロパチー等で、ガンマグロブリンを使用した治療を受けた患者さんです。
2位は、発症3日目以内の脳梗塞で、JCS(意識障害の分類)が10未満、エダラボンの治療を受け、発症前Rankin Scaleが「0:まったく症候がない 」「1:症候はあっても明らかな障害はない」および「2:軽度の障害」の患者さんです。
3位は、発症3日目以内の脳梗塞で、JCS(意識障害の分類)が10未満、脳血管疾患等リハビリテーションや廃用症候群リハビリテーションを行っており、発症前Rankin Scaleが「0:まったく症候がない 」「1:症候はあっても明らかな障害はない」および「2:軽度の障害」の患者さんです。
4位は、多発性硬化症等で、治療を受けた患者さんです。
5位は、一過性脳虚血発作および関連症候群で、治療を受けた患者さんです。

脳神経内科紹介はこちらをご覧ください。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 91 9.42 12.52 3.30% 59.97
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 68 6.25 8.99 0.00% 67.96
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 30 2.17 12.90 0.00% 88.00
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患 下肢静脈瘤手術等 24 2.71 2.86 0.00% 65.54
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1なし 23 16.39 10.66 8.70% 56.35

1位は、丹毒や蜂巣炎等で治療を受けた患者さんです。
2位は、帯状疱疹の患者さんです。
3位は、頭頸部の悪性腫瘍で、化学療法を受け放射線療法は行っていない患者さんです。
4位は、下肢の静脈瘤等で下肢静脈瘤血管内焼灼術や、下肢静脈瘤手術を受けた患者さんです。
5位は、薬疹、中毒疹などの摂取物質による皮膚炎で、治療を受けた患者さんです。

皮膚科紹介はこちらをご覧ください。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 163 3.13 2.53 0.00% 69.90
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 副傷病なし 69 5.87 5.63 1.45% 63.33
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 副傷病なし 62 3.53 4.29 1.61% 65.31
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 57 9.84 7.20 3.51% 72.65
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 54 13.37 12.63 0.00% 67.56

1位は、前立腺の悪性腫瘍等で、前立腺針生検法を受けた患者さんです。
2位は、上部尿路結石等で経尿道的尿路結石除去術を受けた患者さんです。
3位は、水腎症等で、経尿道的尿管ステント留置術や抜去術を受けた患者さんです。
4位は、膀胱の悪性腫瘍で、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)を受けた患者さんです。
5位は、前立腺の悪性腫瘍で、前立腺悪性腫瘍手術や腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる場合)等を受けた患者さんです。

泌尿器科紹介はこちらをご覧ください。

救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 87 2.02 3.56 9.20% 38.63
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 4.69 5.74 58.62% 68.93
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 1.93 7.28 48.15% 52.37
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 23 18.74 33.27 39.13% 74.91
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2なし 22 1.77 3.27 0.00% 47.32

1位は、薬物中毒等で治療を受けた患者さんです。
2位は、体温以上等で治療を受けた患者さんです。
3位は、てんかんおよびてんかん重積状態で入院した患者さんです。
4位は、敗血症等で、中心静脈注射、人工腎臓(その他の場合)、又は人工呼吸を受けた1歳以上の患者さんです。
5位は、詳細不明の損傷等で治療を受けた患者さんです。

救急科紹介はこちらをご覧ください。


初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

TSVファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 64 21 22 101 12 136 1 8
大腸癌 90 63 85 105 30 445 1 8
乳癌 77 83 10 - 10 71 1 8
肺癌 99 32 119 183 22 388 1 8
肝癌 25 16 - - - 195 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌について初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を示しています。再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数です。
期間内に複数回の入退院があった場合は、一人の患者さんに入退院の回数をかけた延べ患者数となっています。
症例数が10未満の場合は-(ハイフン)表示しています。


成人市中肺炎の重症度別患者数等

TSVファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 30 11.33 55.37
中等症 138 15.45 73.51
重症 50 22.02 80.60
超重症 21 20.29 84.24
不明 0 0.00 0.00

成人の市中肺炎について、重症度別の患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROP)によって、性別、年齢、意識障害や脱水の状況、血圧等で評価され、軽症~超重症の4段階に分類しています。


脳梗塞の患者数等

TSVファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均
在院日数
平均
年齢
転院率
3日以内 178 26.75 74.19 37.31
その他 23 27.17 74.35 3.98

脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率です。
医療資源を最も投入した傷病が脳梗塞(ICD-10コードI63$)である症例を示しています。
ICD-10(国際疾病分類第10回修正版)とは死因や疾病の国際的な統計基準として、世界保健機構(WHO)によって公表されている分類であり、死因や疾病の統計などに関する情報の国際的な比較や、医療機関における診療記録の管理などに活用されています。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

TSVファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 396 1.42 1.49 0.51% 66.57
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 157 2.17 2.24 1.27% 70.59
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 151 2.13 14.40 1.32% 72.65
K555-22 経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術) 114 8.47 11.02 25.44% 84.52
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 94 1.85 2.03 0.00% 63.31

平成30年度 内科の手術件数上位5位までです。内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)が396件、経皮的冠動脈ステント留置術(その他)が157件、内視鏡的胆道ステント留置術が151件、経カテーテル大動脈弁置換術(経皮的大動脈弁置換術)が114件、経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)が94件です。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 26 0.00 41.12 0.00% 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 12 0.08 89.25 8.33% 0.00
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 10 1.10 2.00 0.00% 12.30
K386 気管切開術 - - - - -
K597-3 植込型心電図記録計移植術 - - - - -

平成30年度 小児科の手術件数上位5位までです。新生児仮死蘇生術(仮死第1度)が26件、新生児仮死蘇生術(仮死第2度)が12件、経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他)が10件、他全て10件未満です。 症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 118 2.27 3.07 0.00% 56.45
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 102 3.12 3.75 0.00% 58.04
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 75 6.47 12.04 4.00% 68.40
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 60 2.00 14.43 5.00% 69.55
K6335 鼠径ヘルニア手術 51 1.73 3.35 0.00% 64.10

平成30年度 外科の手術件数上位5位までです。乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない))が118件、腹腔鏡下胆嚢摘出術が102件、腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術が75件、内視鏡的胆道ステント留置術が60件、鼠径ヘルニア手術が51件です。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 140 2.43 28.87 4.29% 70.31
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 73 1.84 20.75 42.47% 60.42
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 48 4.35 20.71 8.33% 42.60
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 46 1.15 11.17 2.17% 26.93
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 41 4.61 29.71 65.85% 79.56

平成30年度 整形外科の手術件数上位5位までです。人工関節置換術(肩,股,膝)が140件、骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)が73件、骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)が48件、関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯)が46件、人工骨頭挿入術(肩,股)が41件です。

形成外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 57 1.04 1.61 0.00% 64.77
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 29 1.00 6.59 0.00% 50.48
K227 眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む) 18 1.44 4.00 0.00% 30.61
K333 鼻骨骨折整復固定術 16 1.00 1.25 0.00% 22.06
K427 頬骨骨折観血的整復術 12 2.83 5.67 0.00% 36.67

平成30年度 形成外科の手術件数上位5位までです。眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法)が57件、ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)が29件、眼窩骨折観血的手術(眼窩ブローアウト骨折手術を含む)が18件、鼻骨骨折整復固定術が16件、頬骨骨折観血的整復術が12件です。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 36 6.00 42.33 16.67% 61.19
K1781 脳血管内手術(1箇所) 34 2.12 28.15 35.29% 61.47
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 0.52 10.94 15.15% 74.09
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) 28 3.64 9.79 3.57% 52.14
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 24 6.54 11.75 16.67% 73.96

平成30年度 脳神経外科の手術件数上位5位までです。頭蓋内腫瘍摘出術(その他)が36件、脳血管内手術(1箇所)が34件、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が33件、内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍)が28件、経皮的頸動脈ステント留置術が24件です。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 46 7.00 13.20 80.43% 67.00
K5551 弁置換術(1弁) 34 6.03 26.71 64.71% 67.15
K5612ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈) 30 6.17 9.10 26.67% 81.37
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行大動脈)(その他のもの) 29 0.83 14.45 86.21% 72.41
K5612イ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈) 14 6.57 13.64 57.14% 80.71

平成30年度 心臓血管外科の手術件数上位5位までです。冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上)が46件、弁置換術(1弁)が34件、ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈)が30件、大動脈瘤切除術(上行大動脈)(その他のもの)が29件、ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈)が14件です。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 42 1.10 1.02 0.00% 3.45
K836 停留精巣固定術 12 1.00 1.08 0.00% 2.92
K6333 臍ヘルニア手術 - - - - -
K8282 包茎手術(環状切除術) - - - - -
K823-3 膀胱尿管逆流症手術(治療用注入材) - - - - -

平成30年度 小児外科の手術件数上位5までです。 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)が42件、停留精巣固定術が12件、他全て10件未満です。症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 128 11.49 7.43 0.00% 35.13
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 95 8.81 7.08 0.00% 34.86
K877 子宮全摘術 77 1.61 7.75 0.00% 48.91
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 53 1.02 4.42 0.00% 37.83
K879 子宮悪性腫瘍手術 39 2.18 12.67 0.00% 58.46

平成30年度 産婦人科の手術件数上位5位までです。帝王切開術(緊急帝王切開)が128件、 帝王切開術(選択帝王切開)が95件、子宮全摘術が77件、子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)が53件、子宮悪性腫瘍手術が39件です。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 599 1.08 2.00 0.17% 73.04
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 318 1.00 5.39 0.00% 62.56
K2422 斜視手術(後転法) 192 1.03 1.98 0.00% 30.68
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 127 1.08 2.00 0.00% 38.31
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 96 1.18 4.15 0.00% 61.28

平成30年度 眼科の手術件数上位5位までです。 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)が599件、硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む)が318件、斜視手術(後転法)が192件、 斜視手術(前転法と後転法)が127件、硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)が96件です。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 75 1.09 7.73 0.00% 23.04
K368 扁桃周囲腫瘍切開術 50 0.08 5.62 0.00% 40.66
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 36 1.75 10.67 0.00% 32.03
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 34 1.35 5.09 0.00% 54.06
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 20 1.80 10.45 0.00% 43.65

平成30年度 耳鼻咽喉科の手術件数上位5位までです。口蓋扁桃手術(摘出)が75件、 扁桃周囲膿瘍切開術が50件、鼓室形成手術(耳小骨温存術)が36件、内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)が34件、 鼓室形成手術(耳小骨再建術)が20件です。

放射線科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 13 0.77 2.62 7.69% 54.62
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K668-2 バルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術 - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

平成30年度 放射線科の手術件数上位5位までです。 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの)が13件、他全て10件未満です。 症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。

脳神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 20 30.45 20.00 40.00 70.95
K386 気管切開術 - - - - -
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 - - - - -
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -

平成30年度 脳神経内科の手術件数上位5位までです。胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、 腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)が20件、他全て10件未満です。 症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 24 1.38 4.83 0.00% 72.21
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 10 0.00 1.00 0.00% 69.00
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) - - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -

平成30年度 皮膚科の手術件数上位5位までです。皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)が24件、 下肢静脈瘤血管内焼灼術が10件、他全て10件未満です。 症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 90 2.76 6.78 4.44% 72.77
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 67 1.21 3.63 1.49% 63.10
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 64 0.94 6.66 6.25% 62.25
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 54 1.48 10.89 0.00% 67.56
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術 42 1.02 1.17 0.00% 70.98

平成30年度 泌尿器科の手術件数上位5位までです。 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)が90件、経尿道的尿路結石除去術(レーザー)が67件、経尿道的尿管ステント留置術が64件、 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる)が54件、経尿道的尿管ステント抜去術が42件です。

救急科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 28 0.04 8.79 75.00% 67.50
K386 気管切開術 17 8.59 24.35 82.35% 62.94
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 14 0.14 4.14 0.00% 41.64
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 13 0.08 13.23 23.08% 72.54
K6021 経皮的心肺補助術(初日) - - - - -

平成30年度 救急医学科の手術件数上位5位までです。血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術)が28件、気管切開術が17件、 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)が14件、小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術)が13件、他全て10件未満です。 症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。


その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

TSVファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 61 0.30%
180010 敗血症 同一 33 0.16%
異なる 57 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 34 0.17%
異なる - -

手術・処置等の合併症の内訳は、「透析シャントの機能不全、移植人工血管の感染等の心臓および血管の挿入物および移植片の合併症」が18件、 「術後創部感染・術後創部膿瘍等の手術・処置等の合併症」、「人工股関節の脱臼・感染・破損」 「その他の体内挿入物の機能不全」が10件未満となっています。 症例数が10未満の場合は -(ハイフン)表示しています。