薬剤部

薬剤部の業務

調剤(内服・注射)・医薬品管理

調剤室

調剤室の業務は、主に医師のオーダーする処方に基づいて入院患者さんの薬剤を調剤する入院調剤と、院内処方をされた外来患者さんの薬剤を調剤する外来調剤を行っており、内服薬、外用薬、院内製剤、一部の医療用麻薬などの薬剤を取り扱っています。
調剤担当薬剤師は、外来患者の対応をする窓口業務、電子カルテに医師がオーダーした処方薬の用量・用法、飲み合わせが適切かなどを確認する処方監査業務、入院および外来調剤業務、調剤者と異なる薬剤師が最終確認を行う鑑査業務、医師の処方に対して必要に応じて疑義照会を行い、院外薬局や病棟、外来との仲介をする電話対応業務を分担して行っています。また、自己血糖測定器やインスリン、成長ホルモンなどの持ち帰り注射薬の使用方法の説明も行っています。
製剤担当薬剤師は、特定の患者に使用する院内製剤を調製しています。院内製剤は原則的に市販製剤がなく、薬物治療上必要な薬剤を薬価収載品、局方品、研究用試薬を用いて製剤室で調製し、供給しています。院内製剤の運用にあたっては、病院内で科学的、倫理的な妥当性を十分に吟味しています。
麻薬担当薬剤師は、内用および外用の医療用麻薬の調剤、注射薬の払い出しをしています。また、医療用麻薬の購入・保管、使用確認、その他法令に基づく各種対応を行っています。

医薬品管理室

電子カルテによる注射剤の処方に基づいた調剤、監査(投与経路、投与量、投与速度、配合変化等の確認)を行い、注射薬自動払い出し装置を用いて患者個人別の注射薬の取り揃えを行っています。必要に応じて医師の処方に対する疑義照会を行うほか、特定の抗菌薬の使用状況の確認および適正使用のための管理なども行っています。また、病棟および外来の定数配置薬の管理・補充、中央手術部、腎センター、中央放射線部、内視鏡センターなどの中央診療部・診療協力部への薬品供給と管理を行っています。

薬務室

薬剤の数量管理・在庫管理(出庫処理、発注依頼、検品および納品・仕入れ・保管)を行っています。また、向精神薬、毒薬、特定生物由来製品(血液製剤)に関して薬事法などの関係法規に基づき適切な保管、管理を行っています。


薬剤管理指導・病棟薬剤業務

当院では各病棟に薬剤師を配置しています。
各担当者は、病棟にて薬物療法が適正に施行されるよう、処方に関する薬学的管理(患者情報の収集、初回指導および持参薬の確認、薬物の適正使用チェック、記録作成・管理・保管)および患者、または家族へ薬剤管理指導(薬物の効果・副作用、使用理由、使用方法などの説明)、必要に応じハイリスク薬剤管理指導や麻薬管理指導を行っています。また、退院時に退院時薬剤情報管理指導(退院後のことを考えて必要なことを説明し、お薬手帳・シールを提供)を行っています。病棟によっては定期処方薬の配薬業務、レジメンチェックなども行います。
また、医療チームの一員として病棟カンファレンスや回診などに参加し、患者や治療方針に関する情報を収集するとともに、主に医薬品に関する情報を提供したり、治療方針を相談したりと、医師や看護師など他職種の医療スタッフと常に連携をとっています。
現在、病棟薬剤業務のさらなる充実、発展を目指しており、一般病棟に加え、救急領域や循環器領域、中央部門などにおける薬剤師の参画を進めています。

救命救急センター(ICU)担当薬剤師

医薬品の管理・供給および薬剤管理指導を主な業務としています。
治療に必要な医薬品を常に使える状態にしておくため、毎日の定数薬補充、毎月の使用期限確認、病棟定数薬の品目の検討・管理などを行っています。
また、毎日カンファレンスに参加し、医師らとの情報共有および薬物療法に関する適切な情報提供などに努めています。チームとしての動きを意識した薬剤管理指導業務を行うとともに、抗菌薬や抗てんかん薬などの薬物血中濃度モニタリングも行い、医師へ薬物投与設計の提案や情報提供も積極的に行っています。

循環器センター(CICU・PCU)担当薬剤師

特にCICU病棟では注射薬での治療が多く、薬剤の投与量、投与速度、配合変化などの確認を行っています。循環器疾患では、カテコラミン類、カリウム製剤、抗血小板薬、抗凝固薬など、厳密な管理が必要な薬剤の使用が多いため、適正使用されるよう薬剤師の目で重点的にチェックしています。
また、毎朝行われるカンファレンスに参加し、患者の状態をリアルタイムに把握するとともに医師や看護師からの薬剤に関する問い合わせへの回答など情報提供を行っています。また、使用される薬剤の量が多いため、病棟での医薬品管理・供給も大切な業務の一つです。

新生児集中治療室・新生児回復室(NICU・GCU)担当薬剤師

使用される薬剤の量が多いため、病棟での医薬品管理・供給も大切な業務の一つです。カンファレンスへの参加と回診への同行を通して患者の状態を的確に把握し、薬剤の投与量・投与速度・配合変化・輸液量などを確認しています。腎機能や肝機能ばかりでなく血管の太さなど乳幼児ならではの注意点に注目しつつ、抗菌薬などの処方監査やルートチェックなどをきめ細かく行います。内服できる患児については保護者とともに服薬指導や練習を行い、薬物治療が適正に行われるよう努めています。


医薬品情報管理(DI)

医薬品情報室では、医薬品の適正な使用が行われることを目的に、日々更新されていく医薬品情報(緊急安全性情報、医薬品等安全性情報、添付文書改定情報、薬事委員会報告など)、書類、文献類などの様々な情報・資料を収集整理し、管理をしています。また、院内だけでなく、他の医療機関等でみられた副作用などの安全性情報も積極的に収集しています。
そして、それらの最新情報を評価、加工し、DIニュースや「採用医薬品集」を発行し、病院職員連絡(メール)や電子カルテのインフォメーション画面などを介して速やかに院内医療スタッフへ発信しています。また、薬剤部スタッフを始め、その他医療スタッフの個々の質問に対しても必要な情報を適切な形で提供しています。扱う情報量は非常に多いですが、ニーズにあった情報を選択し、より良い医療に繋がるようわかりやすい情報提供を心掛けています。
また、医薬品情報室では、感染制御部や病棟担当薬剤師と連携して抗菌薬などの薬物血中濃度に基づく投与設計(TDM)を行っています。医師から依頼のあった患者さんの全身状態(年齢、体重、性別、腎機能など)や臨床効果(有効性や副作用)などを考慮して個々の患者さんに適した投与量、投与間隔を解析し、その情報を医師にフィードバックしています。


外来・入院化学療法

近年のがん医療は、腫瘍内科などの専門医、専門薬剤師、専門・認定看護師によるチーム医療が有効的かつ安全ながん治療に必要不可欠とされています。
当院の外来化学療法室は、サテライトタイプで専任の薬剤師が業務を行っています。腫瘍内科医や認定看護師らと常に協議、連携をしながら抗がん薬のミキシングやレジメン監査はもとより、レジメン委員会への参画、レジメン処方設計、患者薬歴管理、初回オリエンテーションによる患者指導、支持療法の提案、新人薬剤師および薬学部生の育成、研究などの業務を行っています。特に、抗がん薬の投与量や投与スケジュール以外にも休薬規定および注意すべき副作用などのレジメン内容を電子カルテに公開し、医療スタッフに周知、共有化を図るとともに、看護師と協同して副作用モニタリングを行うことで安全な化学療法の実践に努めています。また、日常診療上の問題点や疑問点を解決するため、チームで臨床研究にも積極的に取り組んでいます。
一方、入院化学療法室では、セントラルタイプで全病棟の抗がん薬を医薬品管理室の薬剤師と病棟担当薬剤師が協力してミキシングを行っています。また、その他にレジメン監査、患者薬歴管理、支持療法のチェック、新人薬剤師および薬学生の育成などの業務を行っています。とくにレジメン監査では、病棟担当薬剤師と連携し、安全な化学療法の実践に努めています。


感染制御

当院では感染制御部に専任薬剤師2名、兼任薬剤師1名が配置されています。薬剤師は主に、血液培養陽性症例、広域抗菌薬長期使用例、その他の入院症例について、感染制御部の医師・臨床検査技師とともに治療方針の確認を行っています。その上で主治医(または担当医)とともに感染源や原因菌の検索、治療方針や抗菌薬の使用方法などについて討議しています。薬物血中濃度測定対象薬については、医薬品情報室や病棟担当薬剤師と連携して投与設計や薬物血中濃度に基づいた有効性・安全性の評価をしています。他にも抗菌薬使用量の集計、感染制御ラウンドへの参加や、情報提供(特に、国内外のガイドラインを基に各診療科などと議論を重ね、13疾患についての当院における診療ガイドラインや周術期予防的抗菌薬使用の指針など、各種マニュアルを作成)を行っています。


医薬品安全管理

安全管理委員会および医薬品安全管理委員会と連携し、医薬品関連の手順書の作成、研修の実施、情報収集および提供など、院内で医薬品が安全に使用されるよう薬剤部全体でさまざまな方策を実施しています。当院では安全管理部に専従薬剤師を配置し、医薬品関連の安全確保に注力しています。


チーム医療への参画

緩和ケアチーム、褥瘡チーム、栄養サポートチーム(NST)など、多職種から構成される医療チームに薬剤師が参画し、入院患者の治療に貢献しています。
また、外来においては、医師や看護師とともに薬剤師が禁煙外来を担当しています。


治験事務局

治験事務局はこちら