薬剤部

薬剤部の教育・研修

薬学生の実務実習

毎年、多数の薬学部長期実務実習生を受け入れています。病院薬剤師の職能と責任を理解し、薬剤師業務に関する基本的知識、技能、態度が修得できるよう、薬剤部員と実習担当教員が協力し、できうる限り参加型実習で進めています。
6年制のテーマは、「豊かな人間性と問題解決能力を身につけた質の高い薬剤師の育成」とされています。当薬剤部での実習を通じ、医療人としての実践的能力と、さらに、「問題解決能力」および「人間性」の成長がみられるよう職員一同が充実した実習を提供していきたいと考えています。


薬剤師による薬薬連携研修会「免疫関連有害事象の聞き取り~基礎の基礎~」を行いました(ご報告)

薬剤部では、2月10日(木)19時から病院と薬局の薬剤師が連携を強化し質的向上を図ることを目的に地域の薬局薬剤師を対象とした「第4回薬薬連携研修会」を開催いたしました。当日は積雪のため予定していた場所での参加が困難となりましたが、皆様のご協力により時間通りに開催することができました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
今回も新型コロナウィルス感染症の影響により集合研修による対面形式が困難なため、Zoom®を利用したWeb研修会の開催となりましたが、近隣(板橋区・北区)の調剤薬局などから53名の参加がありました。
第4回は「免疫関連事象の聞き取り~基礎の基礎~」というテーマで開催させていただき、はじめに免疫チェックポイント阻害薬の特徴についての解説を行い、免疫関連有害事象の自覚症状、治療経過、注意点などについて学びました。
免疫関連有害事象は出現タイミングの予想が難しく、長期にわたり注意が必要であり、今後益々薬局薬剤師の介入が必要となります。そのため、引き続きトレーシングレポートや帝京CCをご活用いただければ幸いです。
薬剤部では、これからも充実した多職種連携の強化、さらには地域保険薬局との連携強化を通じて、より一層質の高い医療を提供できるように貢献していきたいと考えています。
第5回は7月頃を予定しております。詳細につきましては、6月頃に当院ホームページに掲載予定です。是非、ご参加いただきますよう宜しくお願い致します。