診療科一覧

遺伝カウンセリング外来

診療内容・特色

当院は遺伝カウンセリングに積極的に取り組んでいます。遺伝性乳がん・遺伝性卵巣がんやリンチ症候群などのがんになりやすい体質がある遺伝性腫瘍や家族性腫瘍が疑われる方や遺伝に関する不安や疑問のある方には、主治医が遺伝カウンセリングの受診をお勧めしています。
遺伝カウンセリングでは、遺伝が関わる病気の遺伝カウンセリングの経験をもつ認定遺伝カウンセラーが、患者さんご自身の病歴と家族歴(祖父母、いとこ、孫などを含む)、ご自身の不安や疑問について詳しく伺い、確定診断のために遺伝子検査を受けるかどうかも含め、正確かつ最新の医学的情報を分かりやすくお伝えし、十分なご理解をいただいた上で、その人らしい納得できる選択や行動ができるように患者さんを支援しています。認定遺伝カウンセラー、乳腺外科医、産婦人科医、小児科医、腫瘍内科医、遺伝看護専門看護師、助産師などの複数診療科と専門職がチームとなりフォローアップを実施しています。
同じがんの患者さんでも、年齢や立場などにより考え方や価値観は異なり、遺伝カウンセリングに来られるタイミングも術前や術後、化学療法や放射線治療中など様々であり、遺伝子検査に対する考え方も人それぞれです。遺伝カウンセリングでは、その人の価値観や考え方を尊重し、決して遺伝子検査を強制されることはありません。

生まれつき特定の遺伝子に変化があるために、乳がんや卵巣がんなどのがんになりやすい体質を持っている患者さんは、すべての乳がんの約5~10%、すべての卵巣がんの約10%を占めます。例えば遺伝性乳がん・卵巣がんの方では、がんになりやすい体質があっても、がんのリスクを低減させる対策が可能になってきています。また、ご本人だけでなく、ご家族も同じ体質かどうかを調べて、対策を考えることができるようになっています。

一般的に遺伝性のがんには次のような特徴があります。

  • ご本人やご家族が若い年齢でがんに罹患した(がん好発年齢よりも10~20歳若く発病する場合は、遺伝的な要因が関係していることがあります)
  • ご本人やご家族がひとりで何回もがんに罹患した
  • ご本人やご家族に特定のがんが多い

遺伝カウンセリング外来の対象となる方は、がんと診断され、以下のような遺伝性腫瘍が疑われる方とそのご家族になります。

  • 遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)
  • 家族性大腸腺腫症(FAP)
  • リンチ症候群

上記以外の家族性腫瘍の遺伝カウンセリングについては下記までお問い合わせください。

遺伝性腫瘍の病名 主な腫瘍 そのほかにできやすいがんなど
リンチ症候群 大腸がん 子宮体がん、卵巣がん、胃がん、小腸がん、卵巣がん、腎盂・尿管がん
リンチ症候群について、詳しくは日本家族性腫瘍学会のホームページをご覧ください。
家族性大腸腺腫症(FAP) 大腸ポリープ(数百個以上)、胃や十二指腸ポリープ、胃がん、十二指腸がん、デスモイド腫瘍など
遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC) 乳がん、卵巣がん 前立腺がん、膵臓がん、男性乳がん
HBOCについて、詳しくは日本HBOCコンソーシアムのホームページをご覧ください。
  • 染色体異常症(羊水検査(Gバンド法、FISH法)、クアトロテスト(母体血清マーカーテスト)、NIPT(母体血を用いた出生前遺伝学的検査)
  • 当センターはNIPTコンソーシアムの共同研究施設の一つとなっています。

スタッフ

医師名 近影 職位 専門分野 詳細情報
神野 浩光 外科
教授
乳腺外科
外科腫瘍学
医師紹介ページ
木戸 浩一郎 産婦人科
准教授
周産期医学 医師紹介ページ
長阪 一憲 産婦人科
准教授
婦人科腫瘍学
内視鏡下手術
遺伝性腫瘍・家族性腫瘍
医師紹介ページ

青木 美保(認定遺伝カウンセラー)
中林 倫子(認定遺伝カウンセラー)


遺伝カウンセリング外来の情報

  • 外来日時: 月曜13:30~17:00(完全予約制、外来日は下記にお問い合わせください)
  • お問い合わせ: 帝京大学医学部附属病院 外科外来 TEL 03-3964-1211(代) 内線 30224
  • 費用: 初診8,800円(税込) 再診5,500円(税込)
    (遺伝カウンセリングや遺伝子検査は保険適用外の自費診療になっています)

受診方法

当院に通院中の方

各診療科にて「遺伝カウンセリングを希望する」旨お申し出ください。主治医が遺伝カウンセリングを予約し、日時をお伝えいたします。

当院への受診歴があるが現在通院されていない方

当院を受診いただき、「遺伝カウンセリングを希望する」旨を各診療科にてお申し出ください。

当院の受診歴がない方

一度当院を受診いただき、「遺伝カウンセリングを希望する」旨を各診療科にてお申し出ください。


来院時にご用意いただくもの

  • 血縁者の病気に関する詳しい情報(何歳でどのような病気と診断されたなど、できれば祖父母、両親、きょうだい、おじ・おば、おい・めい、孫、いとこまで)
  • ご相談内容に関する検査を受けたことがある方は、その結果をご持参ください。

※個人情報の管理・保管について
遺伝カウンセリングや遺伝子検査の内容および個人情報は遺漏のないように厳密に保護、管理しています。